​事務所の特徴

労務トラブル 大きくなる前に
ハピネス縄谷社会保険労務士法人にご相談ください
■ 突然、未払い残業代を請求された!
■ 穏便に話し合っていたのに“パワハラ”と言われた!
■ 退職した社員が“不当解雇”と行政に訴え出た!
労務トラブルに巻き込まれる中小企業が増えています。

あらゆる情報が入手できる中、法律を知らないのは社長ばかりなんてことも良くあります。経営者と社員の距離の近さが中小企業の良いところですが、いざ人間関係がこじれた場合、会社全体にとっての大きな問題になってしまいます。「困った状況になる前に、何かできることがあるのではないか?」このような視点で、人事・労務管理をお手伝いするのが、社会保険労務士です。

例えば、「会社の指示で残業した」「社員が勝手に残業した」と水掛け論になっているようなケースなら、就業規則で残業の許可についてのルールを定めておくことで、トラブルを回避することができます。

また、最新の法律を前提に給与計算を行っていない場合、数字は正確でも中身は法律違反をしている可能性があります。給与計算を正確にすることで、残業代請求をする余地を失くすことができます。(日報やタイムカードの運用方法の改善も有効です。)

また、もう一歩踏み込んで、労務管理の改善に関するご相談も受けております。
■ノー残業デーや、振替休日の制度を導入して従業員の負担を抑える
■助成金を利用して、会社に負担のない増員を行う
人材や資金に余裕がなくても、コンプライアンス経営は可能です。
社長様の立場に立って、実情に合った解決策をご提案します。

もちろん、トラブルが実際に起こってからの対応についても、長年の社労士としての経験を生かし対応いたします。顧問契約はもちろん、スポット依頼も可能ですので、お気軽にご相談ください。

四つ葉
所長 縄谷香織

(社会保険労務士)

秋葉昌幸

(社会保険労務士)

akiba.jpg

労務問題なら千葉県袖ケ浦市のハピネス縄谷社会保険労務士法人にお任せください!

“うちみたいな小さな会社は大丈夫”と思っている社長さん!
小さな会社だからこそ、トラブルが起こると社長が業務に専念できなくなります。トラブルを予防し社長が業務に専念できる体制をお手伝いします。
労務問題の事なら千葉県袖ケ浦市のハピネス縄谷社会保険労務士法人にお任せください!
●労務トラブルを予防する社内の整備
●助成金の申請
●労務相談
など、社労士業務を通してお客様企業の繁栄をサポートいたします。

社長、従業員が共に幸せに働ける会社作りのサポートをさせて頂きます。

当事務所は、DMを出したり、経営者が集まる会に参加することもなく、営業活動等は特に何もせず、社労士の仕事だけを地道にやってきました。
一緒にお仕事をさせていただいた1社1社が私にとってとても大切な存在であり、それが私の原動力にもなっております。
社長と従業員の方が共に幸せでなければ会社の発展はあり得ません。
20年以上社労士をやってきて感じたことです。
社長も従業員も不満をもっていると、労務トラブルに発展します。
社長は従業員のことで悩まず仕事に専念でき、従業員もこの会社で頑張ろうと思える会社作りのお手伝いをさせて頂ければと思います。

労務トラブル・助成金申請・労務相談はお任せください!
労務トラブルを予防する社内の整備

■正しい給与計算…未払い残業代の請求を防止します。
※給与ソフトは正しい数字を計算しますが、労働基準法を知らないと未払い残業代が発生します。
■労働契約書の作成…労働条件を確認することはトラブルを防止します。
■会社を守る就業規則…小さな会社に見合う就業規則が必要です。

助成金の申請

地元の社労士として、それぞれの会社に合った助成金をご提案します。
申請できるのに、知らないで申請しないのはもったいないことです。
助成金の申請をすることで、社内の決まりを整備し、会社をよくすることにつながることもあります。

労務相談

「従業員さんにこんなこと言われたけど、これって本当に守らなければならないの?」など、社長さんの労務に関する良きパートナーとしてアドバイスをいたします。

ハピネス縄谷(社会保険労務士法人)